男磨き!女にモテるまでの道程!(どうてい)モテない理由モテる理由

男磨き!女にモテるまでの道程!(どうてい)モテない理由モテる理由

男磨きに筋トレ!モテる体になる筋肉をつける極意とは?

男磨きに筋トレ!モテる体になる筋肉をつける極意とは?

( 男性にとっての筋トレ )

「筋トレ」という言葉が何の略語かすぐに分かる程、「筋力(または筋肉)トレーニング」は、今や一般的なものです。

少数のスポーツ選手向けに筋トレは存在するというイメージは既に消失しました。

そして筋トレは、多くの一般人が容姿のかっこよさや健康のために行うものとしての地位を確立しました。

特に男性にとっては健康意識以上に、容姿のかっこよさを追求するために筋トレをする人が多いと言えるでしょう。

異性のみならず、同性からもかっこよく思われたいと思うのも筋トレを始める理由としてよく聞くものです。

女性に「モテる」ことは勿論のこと、男性からも称賛を得られる容姿に憧れを持つ男性も少なくありません。

( まず「筋肉がつく」とはどういうこと? )

それは勿論、体内で化学変化が起こることによって筋肉が増量することです。

この答え方が最も模範的です。

ですが、この答えだけでは不完全なのです。

あなたが日常会話で「筋肉がつく」と話している時には、無意識的に「容姿のこと」というイメージを持って、「筋肉がつく」という言葉を発しているのです。

厳密な筋肉量を測定できる計測器で測る筋肉量や、文字通りの、筋肉がつくことがどのような化学変化なのか、という内容では話していません。

余りにも当たり前のように扱われる「筋肉がつく」という言い方ですが、日常的な意味では化学的な見方とは全く違うのです。

それから、筋肉がついていない人はいません。

どんな人であっても筋肉はあります。

筋肉がなければ、日常的な動作、例えば立ったり座ったりという動作でさえもままならないのです。

それでは、いわゆる「筋トレ」の世界で言われる「筋肉がつく」という表現はどういう意味なのでしょうか。

それは、一般人の私達が求める容姿のかっこよさという意味では、「速筋が発達した状態」です。

西洋史の、ルネサンス期の彫刻や絵画で登場する男性の容姿がいわゆる「速筋が発達した状態」で、それが「筋肉がつく」という言葉の意味するところなのです。

そして、男性が思い描く「モテる体」もこの状態のことです。

速筋は、容姿の上で変化が見て取れて分かる筋肉のことです。

勿論「速筋は〜な働きをする、〜な筋肉です。」と解剖学的に説明することが正しい定義でしょう。

しかし「モテる体」という点で見れば、この意味付けが適切かも知れません。

(「速筋」を発達させるためには?)

ここまでで、「モテる体」のためには速筋が重要だと分かりました。

ここからは、速筋を発達させる方法を考えてみましょう。

まず、スポーツ競技としては、ウェイトリフティングや短距離走が速筋を用いる競技です。

ということは、これらの競技をする人が行うトレーニングをすることが、効果的かも知れません。

具体的には、瞬発力を意識した、瞬間的に筋肉を刺激させるトレーニングです。

ですが、この記事ではトレーニング以上に見逃されやすい栄養管理の点から、速筋を発達させる方法を紹介します。

(栄養管理について)

まず夕食は控えめにしましょう。

夕食で食べたものは、体脂肪になり易いのです。

それから、たんぱく質だけではなくて、他の栄養素もきちんと摂取することも意識しましょう。

様々な栄養素が補完し合いながら、健康は維持されるのです。

1種類だけに栄養素が偏らないようにしましょう。

それから、手軽に摂取できる食品として、たんぱく質の摂取には、豆乳や低脂肪乳がいいかも知れません。

牛乳でお腹を壊してしまうことが心配ならば、「乳糖なし」のものを選ぶと良いでしょう。

就寝前や運動直後の摂取が効果的です。

また、一度に大量摂取をせずに少量ずつ摂取するほうが、吸収され易いです。

ですから、早急に容姿が変わることを求めることは禁物です。

たんぱく質の摂取し過ぎは、体の吸収には大きな負担です。

長い目で見て、容姿の変化を楽しんでいく心構えが大切です。

ここで「何でこんなに単純な方法なの?」という声も上がるかも知れませんね。

理由はこうです。

全員が全員、高価なトレーニング・マシンに投資できるわけではありません。

況してやパーソナル・トレーナーに健康管理を依頼する、金銭的な余裕がある人は本当に稀で、それこそこの方法は、一部の競技選手向けです。

だからこそシンプルで実行し易く、自己管理も容易で、しかも「モテる体」を作ることに直結したものでなければならないのです。

(まとめ)

「モテる体」を作る極意は、まず何よりも長く続けることです。

しかも、土台となる健康状態が安定していることが大切です。

その上でトレーニングをして、たんぱく質を含む食品を摂取することが大切です。

ですがこの方法は、自己管理をし易く、しかもシンプルで実行し易いという観点での内容です。

現在既に、トレーニング・マシンやサプリメントを取り入れている方にはそぐわないかも知れません。

加えて健康も含め、トレーニングの際に何か不安がある場合には、あなたのかかりつけ医が相談に乗ってくれるかも知れません。

かかりつけ医ならば、トレーニング・ジムの入会よりも手続きが煩雑ではないでしょう。

おまけに信頼でき、身近で相談し易いものです。

医学の広範な知識からアドヴァイスを得ることが、何よりも今のあなたにとっては心強いかも知れませんね。

これも、最も実践し易い「モテる体」を作る極意でしょう。

◆トレーニングしたり食べ物に注意しても、なかなか筋肉がつかないときは、筋肉増強サプリメントのビルドマッスルhmbを飲むといいです。

筋トレ効果をサポートして引き締まる!と口コミ評価も高いからです。
ビルドマッスルHMBの口コミ評価!筋肉が増えるの?

プロテインに比べて効率的に筋力アップをサポートするのがビルドマッスルhmbです。

綺麗な筋肉でモテる体になる!と評判なので飲んでみてください。

us

 

タグ :  

ビルドマッスルHMB

この記事に関連する記事一覧